読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EXILE ATSUSHIとSHUN(清木場俊介)1夜限りの復活ライブ

EXILE ATSUSHIの単独ライブのBlue-ray discをゲットし、SHUN(清木場俊介)との一夜限りのコラボを観賞

つぶやきでは書ききれなかったので、こちらに書くことにします。

ATSUSHIとのご飯中に自分のライブに出て欲しい、とオファーがあったとのこと。

清木場はRUSHツアー真っ最中で、このライブに参戦した後に後半戦の神戸があったから

神戸のMCでは「皆の喋れ、というプレッシャーが半端ない!」と言っていたのを思い出す(笑)

(詳しくはRUSHツアーの神戸公演日記にて)

この事実を清木場のブログで見た時には「ウソ−!」と思わず叫んだ。

EXILE第一章は、私が最初に清木場(SHUN)の歌に惚れたきっかけだったから。

「なんて甘くも力強い透き通るような声で、ソウルフルに歌うのだろう…。」と一気に惚れて

あの時はEXILE第一章のCD、DVDを、何かにとりつかれたかのように見聞きしていた。

自分が彼を知った時は2008年、あの二人のハーモニーを聴いてみたかった…と常に思っていた

ATSUSHIのライブではEXILE SHUNになっていた清木場

「俊ちゃん、この日だけはEXILE SHUNに戻って欲しい。」と言われたとのこと

この日は話す内容や姿も、歌い方もEXILE SHUNだった

バラードでも、清木場俊介としてと、EXILE SHUNとして歌うのでは違う

ATUSHIというパートナーがいるからこそ、彼の良いところに影響されてそのようになっていたんだな、と思った

あの当時の二人のハーモニーから更に進化していて、二人の音の共鳴はとにかく見事

観ながら私は何度も涙を流した

ATSUSHIはSHUNと歌うと、普段よりも情熱的な歌い方になり、声量もUPしていると私は思う

今のEXILEではそのような歌い方は合わない、今のパートナーとはそれではチグハグになってしまうのだろう

SHUNは感情を込めて歌う歌い手、ATSUSHIは綺麗に歌う歌い手

タイプの異なる素晴らしい歌い手同士、心を通わせている相手と歌うとここまでお互いの良さを引き出せるのか…

互いを高め合っている。改めて二人の歌う姿を見ていると、この二人は出会うべくして出会った相方なんだな…と思った

(「Over」なんかを聴いていると特にそう思う)

ATSUSHIは、SHUNと一緒に歌っている時が私は一番好き

あの場所にいられた人達が心から羨ましい

昔のEXILEを知らない人にも一度観て欲しいと思う

EXILE SHUNとしての役目は終わり」と発言していた清木場だから

次にこの様な姿を見られるかは正直分からない

今、彼は唄い屋 清木場俊介として己の目指す道へと突き進んでいる

EXILE第一章から入った私は当初は抵抗があったけれど、今ではどっぷりと彼のROCKにハマっている

彼の生き様ROCKに心酔した自分だから、EXILEに戻って欲しいとか、ソロをやめて2人でやって欲しいとは微塵も思わない

清木場俊介としては勿論続けて、またATSUSHIとこのようなライブをしてほしい…いつか聴かせてほしい、とは強く願う

自分も頑固なので人のことを言える立場ではないけれど、この人は私の遥か上をいく頑固だから

そのような機会は暫くないかもしれないが、そう思っている