読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八代学院VS朝鮮高校

142 :名無番長:05/02/13 15:10:14

八代学院VS朝鮮高校か懐かしいな、昭和55年の6月頃やったかな記憶では、

俺が高校二年生(S38年生)の時やった。3年生が各教室回って兵隊徴集して

回っていた、1クラス35人前後徴収して1年から3年まで30クラスで、約1,000人

前後、これが後の乱闘事件の八代の1,000人動員伝説が生まれたわけや、この日、俺らの

クラスはパイプ椅子と机をひっくり返して、パイプ引きちぎって(40本ほど)

、先方隊として垂水駅に向かったが、しかしや駅付いたら先生と兵庫県警の

機動隊30〜40人がすでに待機しており、力ずくで電車に乗せられ帰された、

このことを知った一部が、迂回し駅南の垂水漁港に回り待機(約200人)、

垂水駅では約700人程、先生と機動隊により解散させられ帰宅させられた。

駅の方では騒ぎが沈静化し先生と機動隊も解散、実際、朝高側にも(八代の先生)

から、内の生徒がそちらの生徒を垂水駅で襲撃するらしいので、待機させておいて

くれと連絡していたらしい。朝高生も来ないと言う事で垂水漁港に潜んでいた200人も

帰ろうと駅に向かったところ、連絡が行き届いていなかったのか一部の

朝高生(30〜40人)が駅に現れた、「朝鮮やいってまえ〜」の声で八代の生徒が、

朝高生を追いかける、駅の詰め所に朝高生が逃げ込んだが、

それでも八代の生徒は諦めず、詰め所窓ガラスを叩き割り乱入、その時、

垂水駅を後にしていた機動隊が騒ぎをかぎつけ戻ってきた、「警察や逃げ〜」

その時、運良く上下に快速電車がホームに入って来たため、奇跡的に現場での

逮捕者は出なかったが、詰め所乱入から逃走する時に県警が写真撮影をしていた

ため、後日、逮捕者、書類送検者を多数出してしまう。

149 :名無番長:05/02/13 19:39:11

PART2,

翌登校日の月曜、今度は、朝高に直接、殴り込みをかける話になったが、

この日、兵庫県警では八代学院VS神戸朝鮮高校乱闘事件対策室が設けられ、

その日の昼頃から両校の校門前には機動隊の張り付け警戒また垂水駅周辺、

JR,山陽電車の中には制服、私服警官を配置したため、実際には半年近く、

この様な状態が続き両校とも動ける様な状態ではなかった、(ただ一部に、

八代の生徒で報復として肋骨を折られる位の小競り合いが数件発生したぐらい

だ。)只、今になって思えば、この乱闘事件を実際経験した者でも、

何が原因で起こったのか、知っている奴は、ほとんどいないんじゃないかな!

3が言う様に、1年の小競り合いという説もあるが、俺が最初聞いた話では、

クラブの試合中、八代の2年生と朝高生が揉め、朝高生が「八代狩りして

やるから、覚悟しろ」と言ったことから、やられる前に、こちらからやってやる

と言う事で、俺はあの時狩り出されたのだが、実際、朝高生がどこまで本気だった

か、多分その場限りで言った八代狩りだったと思う。この時代、今の高校生が想像も

出来ないくらい荒れた時代だったが、世論はこれ以上を許さなかった。

学校側も若気の至りで、喧嘩や学ランをある程度目をつむっていてくれた

ところがあったが、本格的に規制し始めた。これは八代だけでなく全国的な

流れで、乱闘の翌年では、学校の体制に反発した生徒による授業ボイコット

運動に発展する。兵庫県では八代の他、育英なども体制に反発しての

ボイコット運動を展開した。ただ八代の場合は、ただやることが他校と

スケールが違っていた、マスコミに声明文を発表し新聞、テレビの前で

正当性を解いたが、逆にこれでも高校生か?まるでヤクザではないか!

と厳しく非難される。ただ1社(週間プレーボーイ)だけが学生よりに

、書いていてくれた記憶がある。しかし、これがピークだったのだと

思う、これ以降荒れた時代の終焉に向かっていったんだと思う。

156 :名無番長:05/02/15 08:48:19

垂水駅乱闘事件の翌日、垂水警察には朝鮮高校の校長や教職員約30人が、

「署長に面会したい」とやってきて押し問答、拒否されると署の玄関前で

抗議の集会を開いていたため、市民の野次馬が100人くらいあつまって

海神社前で見物していた。機動隊もきてたようにおもう。

事件後も、八代VS朝高の小競り合いは続き、海神社、垂水漁港で両校生

徒の乱闘事件は散発的に起きていた。25年前でちょっと記憶ちがいはあ

るかもしれんが。

157 :名無番長:05/02/15 13:57:37

確かに小競り合いはあったが、両校の間では、これ以上の騒ぎにならない

ように、しなければならないお家の事情が、その後あったと思う。

八代では垂水駅の乱闘事件で、少年院3人、書類送検200人前後、

また翌年の授業ボイコット事件で、全校生徒の70%前後が停学経験者という

事で、さすがに文部省も問題に仕始めた。また朝高側は、この時代まだスポーツ

の大会など、各種学校の取り扱いだったので朝高は日本の高校の大会には参加

する事が許されていなかった。この参加は全国の朝鮮高校の悲願でもあったので

、いつまでも日本の学校と揉めてばかりはいられない。また両校の地元、垂水区

住民運動が起こる可能性も大いにあったので、両校の教師が交流を深め、

差別問題に反対する署名の協力、文化・スポーツ交流、最近では八代(現神戸国際)

の甲子園出場に伴う朝鮮高校の友情応援など20年以上かけての関係修復がなされて