読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別れは突然…。

おとといの夜私のおばあちゃんが亡くなりました。

おとといの昼は起きていて夕方寝たので夜起こしたら起きなくて急いで救急を呼んで心臓マッサージをしたりしましたが亡くなってしまいました。

その後は警察が家に来て事情を聞いたり写真を撮ったりしてまるで殺人事件みたいでした。

そして葬儀の車が来ておばあちゃんは連れていかれました。

そしてきのうの朝電話があって亡くなったのは脳出血で亡くなったとの事、お父さんとお母さんが風邪を引いていておばあちゃんも数日前から風邪を引いていたので肺炎で亡くなったと思いました。

そしてきのうの朝葬儀の人が来て葬儀の手続きをしましたね。

おばあちゃんの最後の別れは16日になります。

しかしおばあちゃんがいきなり亡くなるとは思わなかったからショックと寂しさでいっぱいです。

おばあちゃんとの会話の最後は笑点がやってる頃 「寝る?」とか「何か飲む?」と言っておばあちゃんがしゃべらなくてうなずいたり首を横にしたのが最後の会話だったよ…。

去年の今頃はおばあちゃんは歩くのはやっとでしたが一人でトイレに行ってたしそんなにボケてはなかった。

去年の秋に転んでから寝込んでしまいそこから歩けなくなって介護をするようになりました。

介護をしてるときはそんなに苦ではなかったがやはり「仕事を始めたらおばあちゃん家で一人になるけど大丈夫かな?早く要介護の知らせ来ないかな?」とずっと思ってました。

でも亡くなったとき家族みんなが言ってたのは 「知らない施設に行って嫌な思いすることもなく苦しい思いをして亡くならないでよかったんだよ。」って言ってたよ。

明日はおとといの夜お兄ちゃんがいなかったので家族と遺体安置所に行きます。